スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| HOME |

逢えない時間が


永遠に思える


君は


どうしたら




わたしを選んでくれる?












スポンサーサイト
| TRACKBACK:0 | COMMENT:4 | HOME |

君と同じ香りのひとと

すれ違うたびに


息が止まる



こんなことが




他の誰かに起こっていませんように












| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | HOME |

君が

見せてくれた桜


あの夜



わたしは恋におちた


それは


まさに




不慮の幸福だった











| TRACKBACK:0 | COMMENT:6 | HOME |

青い空

優しい雨


鮮やかな夕暮れ

満天の星


美しいものが


そこにあればあるほど




君が隣に居ないことが哀しい












| TRACKBACK:0 | COMMENT:6 | HOME |

いつだって

欲しいものは

君がくれる つぎの約束


ごはんをたべるとか

桜を見に行くとか



冗談でも


いつか




一緒に眠るとか










| TRACKBACK:0 | COMMENT:4 | HOME |

君の代わりを

なんども探そうとした


探して 探し続けて


続けるほどに





君しかいないことに気づいてしまう










| TRACKBACK:0 | COMMENT:6 | HOME |

離れたくない とか


帰りたくない とか


言うと


君を困らせるから


わたしはただ




必死で飲みものを変える











| TRACKBACK:0 | COMMENT:4 | HOME |

大人になれば


なんだって

手に入ると思っていたし


大抵のことは 叶うんだと思ってた




君に出会うまでは











| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

いつも

同じように


わたしに優しく

わたしを楽しませてくれる


そんな君は



ほんとうに愛する人の前では




どんなわがままを言うのだろう










| TRACKBACK:0 | COMMENT:4 | HOME |

わたしはひとりでも


淋しくなんかない



だけど



君がひとりで淋しくないのなら



それはとても




淋しい










| TRACKBACK:0 | COMMENT:4 | HOME |

一週間前

昨日


今日


明日も


あさっても



一週間後も


一年後もたぶん




わたしは君が好き












| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | HOME |

君が帰った後


わたしはいつも


冷たい窓に頬を寄せ


空を見上げて



切ない歌を口ずさみながら



時々 泣く













| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | HOME |

君を潤す

水に


君を照らす


光に



ほんのすこしでも




君のちからになりたい










| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

運命 だとか


最後の恋 だとか



そんなふうには思わない



けれど




必然であったことは確か











| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

このひとのためなら

死んでもいい



そんな恋をしていたこともあったけど



君と出会ってはじめて思った




このひとと一緒に生きていきたい
 




はじめて そう思えた











| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

君と会うときにだけ


香りを纏う


わたしが



いつでも君を思い出せるように


君が





わたしを忘れないように










| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

見上げると


満月



わたしの


想いは




それ以上に膨らんでいる













| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

どこにいても


なにをしていても


君のことを考える



電車の中で


たった10分眠っていても




君の夢をみてしまう











| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

君の背中


君の言葉


君と


すごした時間


ほんの


ひとかけらも 忘れたくない



大好き

君が


好き











| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | HOME |

いちばん

好きな人と



海を見るのが夢だった


その夢が叶った

あの日から今日まで


そしてきっと


これからも


わたしはもう



ひとりでは海を見れないだろう










| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

よろこびも


かなしみも

いとしさも憎しみも


たくさん学んで  

頑張って 大人になったのに


君と出逢って

あっけなく恋におちてしまった



わたしは 今日も


果てしなく遠い空を見上げて 君を





想っている














| TRACKBACK:0 | COMMENT:3 | HOME |

もう


これで十分

もう


なにもほしくない

何度


言い聞かせても



また君に触れたくなる

傷つくことが わかっても




わたしは君を



好きすぎている











| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

おねがい

このひとを




わたしにちょうだい


何度





祈れば 届くのだろう











| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

すごく

嬉しいとき

すごく哀しいとき


美しい景色に出逢ったとき


美しい花に


出逢ったとき


もし


君がひとりだったら





わたしを想ってほしい












| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

わたしにとっての


喜びや 悲しみ


その最高も 最低も


全部


君がつくりだす


君は

知らないと思うけれど


わたしはもう






君がいないと歩けない













| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

誕生日に


ひとつだけ願いがかなうなら


わたしは猫になり

君に


頭を撫でてもらう


そして君のそばで



ただ 眠る









| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

わたしは

君のことを


もっともっとわかりたかったし

同じように 君にも


わたしのことをわかりたい と


思ってほしかった



わかりやすくいえば 


そう



わたしを「すき」になってほしかった ということ












| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

君から メールが届く


そのとき

わたしのことを思ってくれたのだ という

ほんとうだけが




いま わたしを支えている











 
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

君に初めて会ったとき

そして

逢瀬を重ねるほどに 

こう思った


たぶん わたしには君しかいないし
おそらく 君にはわたししかいない 



きっと 君はずっとわたしを探していて
まちがいなく わたしはずっと

君に探されたかったのだと

思ってた ほんとうに


いまではそれが

神様への



一生に一度のお願いとして ここにある 









| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

ふたりでよく
 
夜明けの街を歩いたね


一晩かけてつむいだ

かすかな光も


なかったように飲み込む


朝のちからに



君は安心して


わたしは泣きたい気持ちで










| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |
| HOME | NEXT

bougainvillea

Author:bougainvillea

category

present for you

new poetry

comment

archive

track back

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

search

blog ianking

このブログをリンクに追加する

RSS

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

*無断転載はお断りさせていただきます*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。